西長洲 八幡神社 (にしながす はちまんじんじゃ)

主祭神 応神天皇(おうじんてんのう)

例祭日 10月7日

鎮座地 西長洲町2丁目15-8(TEL 06-6429-2830)

≪お社の説明・御由緒≫

阪神尼崎駅から北へ徒歩十分ほど、市バスならば「西長洲」で下車するとよい。市の公園と隣り合わせに建つ。 創祀は仁徳天皇の御代と伝えられ、その御子履仲天皇はこの地で大禊の神事を行ったという。海路の要所として、交通安全、厄除けの神のお社として尊ばれた。 昭和二十年、戦災に罹って社殿ことごとく焼失。その後、昭和二十七年に本殿を再建し、昭和四十四年には幣殿、拝殿も建てられたが、平成七年阪神淡路大震災で社務所倒壊。平成九年新築竣工。境内整備も行われ、現在に至っている。
 

交通案内

西長洲 八幡神社交通案内

鎮座地:西長洲町2丁目15-8(TEL 06-6429-2830)

徒歩:阪神尼崎駅から徒歩10分ほど

市バス:阪神尼崎駅・JR尼崎駅 路線番号11・23番乗車

バス停「西長洲」下車東へすぐ
駐車場:境内に駐車可能(祭礼時は駐車不可能)


>>> 尼崎市内66社の地図

>>> 尼崎市交通局 市バス路線図(外部リンク)