櫻井神社 (さくらいじんじゃ)

主祭神 櫻井信定公より十六代忠興公までの歴代城主

例祭日 9月27日

鎮座地 南城内116-11(TEL 06-6401-6643)

≪お社の説明・御由緒≫

当神社は、明治15年、尼崎城内に建立された。櫻井松平の祖、信定公は、戦国の世に勢力拡大に尽力され、三河安城にその基盤を築かれた。当時の世のならいで、七代目忠頼公が、28才で亡くなり、家が断絶するが、八代目忠重公の努力と徳川家康公のはからいで、お家再興がかなう。十代目忠喬公の御代、遠州掛川より尼崎城に移封。即ち尼崎初代の城主となる。代々の城主は文芸に優れ、中でも尼崎三代目城主忠告公は亀文と号して、「まづ霞む竈々や民の家」の一句を境内石柱に残されている。

最後の城主忠興公は、明治10年の西南戦争で敵味方区別なく戦傷者を看護され、これが世界赤十字に認められ、日本赤十字社の誕生を見るに至る。

交通案内

櫻井神社 交通案内

鎮座地:南城内116-11(TEL 06-6401-6643)

阪神尼崎駅から南へ徒歩15分ほど
駐車場:


>>> 尼崎市内66社の地図

>>> 尼崎市交通局 市バス路線図(外部リンク)